弁護士 籾山 志保美

momiyama1_800800

CAREER

  • 神奈川県川崎市出身。
  • 桐光学園高等学校卒業(川崎市)
  • 中央大学法学部卒業
  • 中央大学法科大学院修了
  • 最高裁判所司法修習修了
  • 現在、東京弁護士会所属。

PASSION

離婚・男女問題にかける思い

今、このページを見ている方は、きっと心のどこかで「今のままでは嫌だ。」という気持ちや、「今のままではいけない。」という気持ちを持っているかと思います。
離婚問題や男女問題というのは、誰であっても、ある日突然、何かのきっかけで巻き込まれてしまうものです。
離婚問題や男女問題は、自分一人だけの問題ではなく、相手が常に存在します。
それゆえ、自分の思い通りにいかない苛立ちや焦燥感や、パートナーに裏切られた悔しさ、自分の気持ちをうまく伝えられないもどかしさなど、様々な感情が溢れ出てくるものかと思います。
時には、自分の抱える問題の難しさに、自分だけではどうしたらいいのか分からなくなり、先が見えず、困ってしまうようなことも多いと思います。
離婚問題であっても、男女問題であっても、これらの問題は私生活に関わるものであり、他人には相談しにくいものです。
離婚問題や男女問題に巻き込まれ、自身の心の中だけで問題を抱えていると、楽しいはずの趣味や出来事も灰色に見えることでしょう。
そのような辛い状況の中にあって、離婚問題や男女問題について関心を持ってこのページを開いて下さっているのでしたら、それはきっと心のどこかに、今の状況から1歩、踏み出したいというがあるのかもしれません。
あるいは、きっと誰かに助けて欲しいという気持ちがあるのかもしれません。
離婚問題や男女問題は誰でも巻き込まれてしまう可能性があり、一人で悩んでいる方も多い分野と言えます。
悩んでいる方が多い分野であるからこそ、私は弁護士として、そのような問題による悩みを解決するための一歩を、その先の解決に向けた道筋を、踏み出す手助けをしたいと考えています。
例えば、争いになっている相手との交渉はとても気が重いものです。
離婚問題、男女問題による悩みを抱えている中で、さらに日常生活にそのような負担が増える辛さは、筆舌に尽くし難いことだと思います。
私は、弁護士としてあなたに代わって相手と交渉します。相手の要求が不当な要求であれば、その要求が不当であることをしっかりと告げます。
もし、解決に向けて進んでいく中で不安に思うことがあれば、弁護士として、あなたにとって最善の解決に向けたアドバイスをします。
私はあなたにとってできるだけ良い解決がされるよう、常に努力を怠りません。
共に解決に向けて歩みましょう。どうかお気軽にご相談ください。

PROFILE

弁護士になった動機

私は、歴史に関する学問が大好きです。
その理由は、私は、「人」が好きで、私が生きていない時代に存在していた、私と触れ合うことができなかった時代の人々がどのようなことを考え、どのように生活していたのかに興味をそそられたからです。
人が複数集まり社会になると、人と人との間で利害がぶつかり、衝突が生まれます。人々の間のトラブルを防ぐため、ルールが必要になります。法律は、人々が歴史の中で生み出した知恵であり、人類共通の財産です。
まさに、法律は、社会の中で暮らす人々のために存在するものなのです。
日本の法律の元祖は、7世紀ごろに大和朝廷が制定した律令制と言われています。明治維新以降は、日本は欧米の近代的な法治主義を取り入れました。
このように、法律は、私たち日本人にとっても、古くから歴史があり馴染みがあるものです。
私は歴史を学ぶことを通して、法律にも興味を持ちました。
法律を学んでいる内に、現代でも法律を知らないことによって損をしたり、泣き寝入りをしたりと、正しいはずのものが蔑ろにされるような結果になることがあることや、本来は人々のために作られたはずの法律で、不合理で辛い思いをする人がたくさんいることを知りました。
私は、自身が学んだ知識を使い、法律を知らないことで困っている方々の手助けをできるようになりたいと強く考えるようになりました。
弁護士は、依頼者の方と直接向き合い、お話ができる仕事です。
そして、困っている方に寄り添い、その方のために法律的な知識を使って行動ができる仕事です。
私は助けて欲しいという切実な思いを持つ、困っている方の思いに応えるために弁護士を目指すようになりました。

取扱分野

離婚調停(婚姻費用・親権・養育費)
相続事件

どんな対応を行っていきたいか?仕事上心がけていること

離婚や男女問題のお客様は、ひとりひとり異なる人生を歩んできており、一人として同じ方はいません。
しかし、「今のままではいけない。」という思いを抱えていらっしゃることはお客様皆様に共通した思いだと考えています。
お客様が今の状況を脱却して、最終的にはどのような未来を目指したいのか、その答えはひとつではなく、お客様ごとに目指している様々な未来のかたちがあると考えています。
私は、弁護士として、お客様ができるだけそれぞれの理想の未来に近付くことができるようお手伝いを致します。
当然、困難な状況の中にあって、何が自分にとって本当の理想の未来なのかを見失っているお客様もいらっしゃることと思います。
そのような中にあっても、私はお客様に寄り添って、その方にとっての一番の理想の未来が何かを一緒に考えることを心がけます。

苦労すること

私はとても心配性です。
弁護士として活動している中でも、相手方があのような主張をしてきたら、このような手段を講じてきたら、といったことが気に掛かってしまいます。
しかし、そのような心配性の気質を活かして、気に掛かったことは事前に備えをしておき、「備えあれば憂いなし」と言える状況を作るよう心掛けています。

うれしいと思うこと

私が関与するお客様は、どの方も困難な状況の中で辛い思いをされていることは変わりありません。
お客様に寄り添って困難な状況に立ち向かい、私がお客様の案件に関わったことで、お客様が困難な状況の中から、「いつもの日常」に戻っていただくことが、私の何よりの喜びです。
関与した案件が解決し、「いつもの日常」に戻ったお客様が帰り道に向かう背中を見送る時が、私の一番嬉しい時間です。

目指していること

弁護士が関わる必要がないような安らぎのある日常の中に戻った後に、ふとした時に、「こんな弁護士がいたな。依頼してよかったな」と思い出していただけるような弁護士になりたいです。
今の世の中に、弁護士は数多くいます。
私はお客様に、数多くの弁護士の中から、私に依頼して良かったと思っていただけるような弁護士を目指しています。
そのためにも、私は離婚や男女問題に関する法律的な知識だけでなく、交渉技術や先の方針を的確に判断できる冷静さを持って、誠実に仕事と向き合っていきます。

趣味

絵を描くこと
読書(阿刀田高さんの小説が特に好きです)
ゲーム(テレビゲーム・ソーシャルゲーム)
ビーチコーミング
猫と遊ぶこと

苦手なもの

あり