弁護士 古川 司

furukawa800800

CAREER

  • 千葉県出身。
  • 巣鴨高等学校卒業(東京都)
  • 東京大学法学部卒業
  • 予備試験合格
  • 最高裁判所司法修習修了
  • 現在、東京弁護士会所属。

PASSION

離婚・男女問題にかける思い

結婚や恋愛は人が人らしく生きるためには無くてはならないものです。
それだけに離婚や男女問題は誰にでも起こりうるトラブルです。離婚や男女問題は、人生を根本から揺るがし、様々な”苦しみ”をもたらします。
人は、このような重大な問題に見舞われると、不安に押しつぶされそうになり、何も手に付かないような気持ちになります。
しかし、一方で仕事を怠るわけにはいきません。
別居などで変わってしまった新たな生活にも適応しなければいけません。何よりも、子供たちを支えなくてはなりません。
その上で、トラブルの相手方への対応という最も気の重い作業をしないわけにはいきません。。
それにもかかわらず、離婚や男女問題は極めてプライベートな問題であるため、軽々に他人に相談できず、問題を一人で抱えこむことも少なくありません。
これは大変に辛い状況です

このような人の苦しみに対して、弁護士は何ができるでしょうか。
苦しみの根本には愛する者との離別の悲しみなど心の問題があります。心の問題には法律で対処することができない以上、弁護士が全ての問題を解決できるわけではありません。
しかし、弁護士は相手方への対応という最も気の重い作業を一手に引き受けます。
弁護士は、専門的な経験から問題の解決に向けた見通しを示し将来への不安を軽減することもできます。
そして、何よりも弁護士は、あなたの良き理解者であり、ともに戦うパートナーであり、あなたを心から思いやる相談相手となリます。
弁護士が様々な雑務を引き受け将来の不安や孤独感を軽減させることにより、あなたは、現在の自分の心にある悲しみと向かい合ってそれを乗り越えることに集中できるのです。

私は、この弁護士の役割にとてもやりがいを感じています。
あなたは、離婚や男女問題という非常に困難な問題に直面し、なかなか他人に相談できずに苦しんでいるかもしれません。
私は、弁護士として、あなたの悩みを少しでも取り除き、人生の再出発のお手伝いをできたらと考えてこの分野を専門的に取り扱っています。

離婚や男女間でのトラブルは非常に辛い出来事です。
しかし、人はそれを乗り越えて、新しい人生を再出発させなくてはなりません。
私は、あなたとそのご家族が少しでも良い環境で再出発できるよう全力を尽くすことをお約束します。

PROFILE

弁護士になった動機

私は、昔から誰かのために役に立つこと、それによって相手が幸せになってくれることに最もやりがいを感じる性格でした。
私は大学時代には主に家庭教師で生計を立てていました。私は家庭教師という仕事が大好きでした。合格して喜ぶ生徒や親御様の姿を見たり、生徒が志望校に入学して生き生きした学校生活を送っているところを見ると、本当に良かったと嬉しくなり、それがやりがいになっていました。
弁護士の仕事も家庭教師に似ている点が多くあります。
家庭教師は受験後の生徒の学校生活や将来が最も望ましい形になる様に勉強に関する専門知識を用いて生徒や親御さんと二人三脚で頑張っていきます。
弁護士は問題解決後の依頼者の方の再出発が最も良い形になるように法律の専門知識を用いて依頼者の方と二人三脚で頑張っていきます。
私は、家庭教師時代と同じ様に自分の専門知識を使って誰かを幸せにできたらと思い弁護士になりました。

取扱分野

離婚(特に親権や面会交流など親子関係に関わる問題)
慰謝料請求事件
相続事件
労働事件

どんな対応を行っていきたいか?仕事上心がけていること

離婚や男女問題など重大なトラブルを抱えていると何をしていても常に不安感が頭から離れず大変なストレスになります。
また、人生は有限であり、少しでも早い解決と新たな人生の再出発がお客様にとって重大な利益であると考えています。
したがって、お客様が少しでも早くこの様な状態を脱し、安定した生活と希望のある人生を取り戻されるにはどうしたら良いかということを第一に心掛けています。
人に与えられた時間には限りがあり、今しかできないことも沢山あります。
だからこそお客様には一刻も早く問題を解決して新たな人生への一歩を踏み出して頂きたいというのが私の考えです。

苦労すること

 私の趣味の一つに小説を書くことがあります。
そのせいか裁判所に提出する書面でも無意識のうちに読み手が読んでいて面白いものを書こうとしてしまうことがあります。
法律文書は面白さよりも明確さや分かりやすさが大事なので、不必要にハラハラドキドキする展開や情緒的な表現にならないように気をつけています。

うれしいと思うこと

 やはり事件の解決後にお客様の幸せそうな笑顔が見られたときが、この仕事で一番嬉しい瞬間です。
弁護士に相談にいらっしゃるお客様は皆さま不安を抱えていらっしゃり、とても笑顔になれるような状況ではありません。
それが自分の仕事の結果、お客様が心から笑顔になっていただけたならこんなに嬉しいことはありません。
養育費の調停が成立して、これでやっと子どもが戻りたがっていたスイミングスクールに再び通わせられますと嬉しそうに話してらっしゃったお客様の笑顔や、面会交流が実現してお子様と一緒に遊んだ時の楽しそうな写真を見せてくださったお客様の楽しそうな笑顔は今でも心に残っています。

目指していること

選んでいただいたお客様のために最高のサービスを提供することがプロフェッショナルとしての使命です。
そして、最高のサービスを提供するため最も基本かつ重要であることは、離婚や男女関係についての高度な専門知識です。
私は離婚や男女関係の専門知識に関しては誰にも負けないことを目指して日々研鑽に励んでいます。

趣味

読書
猫動画鑑賞
街歩き
寺社巡り
動物園巡り
スノーボード
小説を書くこと

苦手なもの

玉ねぎ